元は違う薬です | ルミガンを使用してまつげの悩みを解消!長いまつげを手に入れよう
menu

元は違う薬です

白い錠剤の入っているケース

まつげの長さをより長くしたい、そんな人にオススメなのがルミガンと呼ばれるまつげ育毛剤です。
このルミガンというまつ毛育毛剤をまつげに対して使用する事によって、まつげをより長く成長させていき、それによって目の印象や顔全体の印象といったものを大きく変化させることができます。
そのためとても多くの人がこのルミガンというまつ毛育毛剤を使用したまつげ育毛を行っているのですが、そんなルミガンを使用している人もあまり知らない情報があります。
それは何かというと「ルミガンは元々まつげ育毛剤ではない」という事です。

ルミガンには薬効成分としてビマトプロストという成分が配合されていますが、この成分というのは本来「緑内障」と呼ばれる目の疾患を治療する際に使用される成分です。
そしてルミガン自体も元々はまつげに対して塗って使用するのではなく、目の中に直接薬液を入れて使用する「点眼薬」だったのです。
しかしルミガンを使用した副作用としてまつげの多毛という症状が発生することが判明した結果、このルミガンという製品は「まつ毛貧毛症」と呼ばれるまつげが少なくなる症状の治療薬としても使用されるようになったのです。
そしてこの貧毛症の治療薬として使用されていた物が美容目的で使用されるようになり、現在のように非常に多くの人が利用するようになったのです。

以上のような経緯でルミガンはまつげの育毛剤として使用されるようになりました。
元々は点眼薬だったため、使用時に誤って目に入ってしまったとしてもそこまで大きな影響が出ることはありませんが、意図的に大量に目の中にルミガンを入れるというのは緑内障の発症しているかどうかというのは関係なく、芽に良いことではありません。
そのため、ルミガンを使用する際には極力目の中に薬液を入れない、という風に注意しましょう。