色素沈着に注意 | ルミガンを使用してまつげの悩みを解消!長いまつげを手に入れよう
menu

色素沈着に注意

散らばっている白いカプセル

ルミガンを使用したまつげの育毛を行う際には、少々注意をしなければいけないことがあります。
それは何かというと「色素沈着の副作用」です。
実はルミガンの薬液には色素沈着を引き起こす作用があり、ルミガンを長期的に使用し続けた場合まつげの生え際などが黒や茶褐色といった暗い色に色素沈着を起こしてしまう場合があるのです。
これらの場所と言うのはメイクによって黒系の色に塗ることが多い場所のため、そこまで悪目立ちする場所ではありません。
しかし下まつげに対して無理に薬液を塗布してしまうと、下まぶたに色素沈着が発生し、酷い隈ができたような見た目になってしまうので注意をするようにしましょう。
そして色素賃借を起こす場所で最も注意すべき場所は「虹彩」と呼ばれる眼の瞳孔周辺の色素沈着です。
虹彩に対しての色素沈着は眼にルミガンの薬液が大量に入ってしまった場合に起こる副作用ですが、この副作用が発生すると虹彩が黒や茶褐色に変色してしまいます。
日本人の虹彩というのは黒や焦茶といった濃い色をしているため、色素沈着を起こしても注意深く観察しなければ分からない程度の若干の変化しかありません。
しかし日本人の中でも西日本に住む人は先祖代々の遺伝によって、黄色に近い色をした虹彩を持っているという人も比較的多くいます。
そういった人の場合、色素沈着が少々目立ってしまうので、ルミガンを使用する際には目の中に薬液が入ってしまわないように注意をしましょう。